相場に合わせた投資で資産を増やそうと日々勉強している様を書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジの取り方と失敗パターン

 8月以降はボラが大きいこともあり、長期的なトレンドの予想をしつつ、
 結構短いトレンドの動向でトレードしています。
 
 ポジの取り方としては
 
  ・ダウ先物などの時間足、日足をみて、それぞれのトレンドを確認
  ・為替のうち、ユーロドル、豪ドル円などの時間足、日足をみて
   それぞれのトレンドを確認
  ・日経平均のその日のトレンドを確認
  
 を行いつつ、ポジをとっているのですが成功もあり、
 失敗もありの状況です。
 
 成功パターンについては言及しませんが、失敗パターンとして
 よくあるのが時間足でのトレンドでトレードをしているつもりで
 頭のどこかに日足のトレンドを意識してLCポイントを
 考えていたりでマイナスの計上が多いこと。
 
 時間足のトレンドと日足のトレンドでは値幅も違うため、
 その辺りの意識を厳密に行わないといけませんね。
 
 今後の課題です。
スポンサーサイト

最近のトレード

 最近はボラが大きいので枚数を少なくしてトレードをしております。
 
 以前はボラが大きいときは稼ぎ時と思い、積極参加していたのですが、

 ボラが大きい = 上下の振幅が激しく一歩間違うと
 大きくやられる可能性が高いというわけで…
 (よくやられました・・・)
 
 今回の急落後はちょっとトレードを変えて、ミニ先物を数枚とか
 もしくはOPを数枚(+若干のヘッジ)程度でヒット狙いをしております。
 
 それでもやられる時はやられるわけで…
 
 ただ、それでも8月はなんとかプラスを維持している感じです。
 

投資に対する情熱の変化

 投資をはじめてから、かれこれ10年?くらいになるけど、
 始めて以降、毎年投資にかける意気込みは増えていると
 思います。
 
 でも、個別株にかける意気込みは年々、減っているような気がします。
 
 理由として一番とあげられるのは生活環境の変化。
 
 娘が大きくなるにつれ、娘にかける時間が増えてきたので、
 それに比例するように個別株を調べる時間がなくなっていた
 感じです。

 次の変化として個別株に投資する上でマクロ環境を以前より
 重視し、調べるようになるにつれ、そのマクロ経済を
 反映している指数系(日経平均先物やOption)の投資が
 メインになってきたこと。
 
 特に先物とオプションでヘッジを利かせて投資をするやり方が
 自分には個別株投資より、気分的にあっているように感じが
 しております。
  
 なので、今のところ個別株をいじるのは外部環境が
 当面よいと思われる企業の長期投資か循環相場の際に
 限られています。
 
 将来は分かりませんが、今のところはこれで良いのかな。

現物取引と信用取引

マイミクの方に質問されてふと思った事なのですが・・・

私は指数系が停滞しつつも底堅い相場のときに買いで
株取引を行いますが、そのときに現物取引と信用取引の
両方を使っております。

信用取引を使うという事は回転を聞かせた売買をしたいからですが、
それでも以下のような形で取引をしております。
(というかしておりました。)

 現物取引:
  一日の出来高が少ないもの
 信用取引:
  一日の出来高が多いもの
  
以前、小型株を信用買いしていて暴落した際、売るに売れず
青い顔をした事があるので、このような取引になった感じです。

これも痛い経験から得た教訓ということで。

自分の得意な形

Mixiのコミュで自分の得意な投資手法について話題になっていたので、
振り返る意味でも 今年、プラスを計上している箇所を確認してみました。

(1月)
・ドバイショックのときに買いをいれた現物を順次利確。
・先物、オプションはヘッジ程度に使用し、若干のマイナス。
 
(2月)
・1月の中旬から下落が一旦上昇に転ずる場面で先物を多めに
 Longして、逆をつかれた感じで今年一番のマイナスを計上。
・その後、オプションで下落波動にのり、そのマイナスの2/3を
 取り戻す。
・この間、株の取引は一切せず

(3月)
・2月中旬からの上昇波動で先物とオプションのCALLで
 そこそこのプラスを計上
・下方修正をだした現物を損切(今年2番目の大幅マイナス)。
・3月中旬より信用買いを開始し、現物のマイナスの半分程度を
 埋めるプラスを計上。

(4月)
・初旬は信用取引の循環売買でプラスを計上

一番のマイナスを計上した箇所は下落から上昇に転じたと感じた場面で
先物(しかもラージ)で大きめなポジションをとったところ。

プラスを計上したのは
1)暴落時に立ち向かった結果の実りを得た1月
2)下落しはじめをPUT Longでとった2月
3)上昇し始めにCALL Longでとった3月
4)3月以降、循環相場になったと感じて、信用買いを積極的に
 行った4月上旬
という感じです。

こうしてみると私の場合は初動を狙ってプラスを計上するパターンが
今年の特徴のようで、今現在のポジションもRSIや騰落レシオから
ダイバージェンスを狙ったPUT Longのポジションもまさにそれ。

去年はただ闇雲にオプションを買ってマイナスをどんどん計上してましたが、
少しは進歩したのかもしれません。

本当は4)のパターンでプラスを計上するのが一番いいのでしょうが、
なかなかそういう環境はこないので。。。
とりあえずはこのパターンで当面は行こうかなとおもっております。

ただ投資の幅を広げる意味でも
・オプションのShortでもう少し利益を出すこと
 →特に今月のような場合、天井だけれども、先物など
  売りづらい状況で積極的に多様する。
・CFDで投資の幅(特にJGB)を少しずつですが広げていくこと
 →今後のチャンスを広げる意味で。
をして行くつもりです。
プロフィール

しおじゃけ

Author:しおじゃけ
投資を始めて、はや8年。
今まで指数のみを追いかけて投資を行っていましたが、相場の流れを感じつつ投資をおこないたいと日々、勉強中です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
 
参加しています
ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。