相場に合わせた投資で資産を増やそうと日々勉強している様を書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーニング中

今週、信用取引に向けて株のスクリーニングを実施中です。
スクリーニングの方法は以下の通り。

1)循環相場での買いを想定しているため、業種別で
 停滞している業種をPickup

2)その業種の中でなるべく、流動性が高い銘柄をPickup

3)銘柄の業績もCheck

4)信用取り組みについてもCheck

という感じで進めています。

PickUpした業種についてはサービス、ゴム、精密機器、輸送用機器の4業種。
この中でこれまでの上昇の立役者である輸送用機器については除外し、
その他3業種よりPickUpした結果、以下の通り。

5101 横浜ゴム
2440 ぐるなび
2450 一休
4661 OLC
9792 ニチイ学館

どちらかというとサービス業が多くなりましたが、特に気になっているのが4661
例年この時期から優待狙いの買いが入っているようですので、今から買いを
入れてみるのもいいのかなと感じております。

(備忘録)一目均衡表を眺めて感じたこと

今まで一目均衡表でチャートを眺めてきて感じたことを
ちょっとまとめてみたいと思います。

1)次の動きを予測する
 一目均衡表は指数の動きにより転換線や基準線の位置を
 ある程度予測可能なので、数Term後の基準線や転換線の
 位置を予測することが重要。
 
2)遅行線の位置
 遅行線の位置もきわめて重要。
 26Term前の指数の位置と遅行線の位置が近いときはトレンドの
 変化が起こりやすいと思われる。
 
 また遅行線と26Term前の値が離れているときはトレンド継続と
 思われるので逆張りは禁物
 
3)基準線と転換線の状況
 基準線と転換線の位置により対応が変わってくる
 
 ・基準線と転換線が近い、かつトレンドが出ている場合
  素直にトレンドに乗ること。
  INのタイミングは転換線にタッチするタイミングを狙っての
  押し目買い。 LCは基準線と転換線が近い場合、基準線を
  越えた辺りとすると痛手は少ない。
 
 ・基準線と転換線が遠い、かつトレンドが出ている場合
  基準線と転換線が遠くなった場合、そのトレンドが一旦休止し、
  横ばいになる可能性が高い。
  この場合、基準線と転換線が近づき新たなトレンドが
  出るのを待つ方が無難
  
 ・基準線と転換線が近く、かつ横ばい
  新たなトレンドが出現する可能性が高いので、
  そのトレンドにのること
  
  この際、過去の指数の動きから今後の転換線の位置を
  予測しておき、準備をしておくこと。
  
 ・基準線と転換線が遠く、かつ横ばい
  基準線が転換線に近づくまでは横ばいの場合が多いので
  基本的には様子見。
  
  ただし、この場合でも今後の転換線の位置を予測し、
  準備をすること
  
4)その他経験則など

 ・指数が急変した際の対応
  基準線、転換線が横ばい、かつ指数の急変に関わらず、
  今後数Termも横ばいを維持するような状況の場合、
  一旦、基準線又は転換線に戻ってくることが多いような気がする
  
  これに対し、トレンドが出ている、または今後トレンドが
  出現する場合は、急変した方向とトレンドが出現する方向が
  同じ場合は追いかけていったほうが良いような気がする。
  
 ・指数と転換線の位置について
  指数が転換線とあまり離れてしまった場合、指数は横ばい状態になり、
  転換線が指数に近づくのを待つ傾向がある。(特にFXの30分足かつ下落時)

こうしてみると先行スパンについては、まだあまり確認していないことが
分かりますね。

まだまだ着目しないといけない点はありそうです。

FX三昧

最近、FXのデイトレがメインとなりつつあり、ブログの名称と
投資スタイルがずいぶん変わりつつあります。

昨年のリーマンショック前から株から離れ、先物オプションで
利益を上げてきましたが、3月からの上昇以降はまた株に戻って
そこそこの利益を上げました。

しかし、どこかでファンダメンタルを意識して、つい売りから入り、
失敗するという繰り返しが多かったため、あえてチャートのみで
投資をしようとFXに重心を置いたのが結果的にあっていたようで、
ここのところの利益のほとんどはFXで上げています。

証拠金は少なめからスタートして、いろいろなINのタイミングを
試しているため、結果的にはLCも多いですが、利確ラインや
LCラインの設定を学ぶことが出来ているのか、最近は損を
増やすことなくLCできているのがいいのかもしれません。

もう少しINのタイミングを計ることを学びながら、
枚数を増やしていく予定です。

久しぶりにFXをはじめようか。

実は今年の2月以来、FXをやっておりません。

もともと色々な投資を試してみて、その中から自分にあうものを
探したいと言う気持ちから、これまで、

投資信託→現物株→信用取引→日経225先物/オプション→FX→ワラント

という感じで投資方法を増やしておりました。

で、FXの戦跡はといいますと。。。
実は結構悲惨な状況でして、去年は-66万。今年は今のところトントンという感じです。

ここまで悲惨な状況になった要因は、ひとえにトレンドを確認して投資を
行っていなかったことに尽きます。

とくに日足レベルのトレンドです。

FXは色々な方のBlogやMixiのコミュの書き込みをみていて

長期:スワップ派
短期/デイ:値幅とり

という勝手な先入観が出来ておりました。

その状態で。。。今はスワップで儲けることなんて出来ないから、
値幅をとることで勝負しないといけないのだろうなと思い、デイで投資を
繰り返していたのですが、まあ結果の通りやられてしまった感じです。

でも一旦、FXを離れて様子見しているとこの結果は至極当然なのだなとじました。

なぜなら、私のようなサラリーマンに分単位のトレンドを見ながらの
デイの取引など難しいのに、あえてそれに挑戦しているのだから、
どこかに無理が来るのですよね。

これを知るまでに66万も授業料を払ったと思うと正直落ち込みました。

でも、だからといってそのままあきらめるのも正直、可能性の一つを消すことに
なるのかなと思い、デイではなく日足でトレンドを見ながら、数日単位の
トレードの可能性はないのかなと考え、なるべく為替の日足/週足チャートを
みるようにし、トレンドの動きを確認してました。

で、最近少しずつですが、これなら以前のような痛い取引ではなく、
もう少しマシな取引が出来るのではと思い始めた次第です。

まず最初はレバレッジもほどほど、INする金額も少ない状況で上手く売買できるか
試していくつもりです。

スクリーニング(その2)

GW中に色々調べて気になった銘柄をちらほらと。

5714 DOWAホールディングス
7456 松田産業

環境リサイクル関連として物色される銘柄。 
出番はもう少し先かも知れないけれど、経済が復活してくれば必ずリサイクルが
クローズアップされるため、長期的に見て買い入れてみても良いかなと感じています。

3811 ビットアイル

データセンターを運営している会社。 
もともとが倉庫の会社であり、倉庫を改修して、データセンターを作っています。
業績も安定しており、積極的に投資を行い、データセンターを増設しています。
今回の不況で解約も多く発生したものの、新規契約もあり、それほど大きな
ダメージはない様に見えます。

株価はこれまでの底値の60000円のラインまできており、打診買いを考えています。

3404 三菱レイヨン

2007年の高値から1/5まで下がった銘柄。
ボーイングの生産遅延に不況のダブルパンチで株価は悲惨な状況です。
ただ、炭素繊維は航空機だけでなく、その他の分野にも応用が予想され、
かつ、この状況下でも攻めの経営で大型買収を行っており、この効果が
期待できるのかなと考えております。

上記銘柄はすぐに買い入れないかもしれませんが、常に監視していて
機が熟したら買いに向かい方向で検討したいと思います。

プロフィール

しおじゃけ

Author:しおじゃけ
投資を始めて、はや8年。
今まで指数のみを追いかけて投資を行っていましたが、相場の流れを感じつつ投資をおこないたいと日々、勉強中です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Twitter
 
参加しています
ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

共感された方「ポチッ」と、 ご協力お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。